卓上レーザー加工機Zing16-30W
ゴム印加工に関する質問

エピログZing16-30Wでゴム印の製作はできますか?
可能です。
ショルダー設定、自動反転機能のある「スタンプモード」を使用することで、簡単にゴム印加工が可能です。
エピログZing16-30Wでゴム印加工をするために、特別なソフトが必要ですか?
不要です。
エピログZing16-30Wのドライバの設定の「スタンプモード」を使用すれば、ゴム印加工ができます。ショルダー設定やミラー反転など、自動的にゴム印対応の凸文字ショルダー加工が可能です。
凸文字加工とは、どのような加工でしょうか?
スタンダードの彫刻加工とは逆に、デザインされた形状や文字を残して、その周りをレーザーで焼いて削る加工方法です。主にゴム印加工等に用いられます。
ゴム印の削る場所と残す場所の陰影反転はどのようにしますか?
エピログZing16-30Wのドライバでスタンプモードに設定すると「ミラー反転」機能が表示されます。その機能にチェックを入れることで、陰影が自動反転しますので、元データを加工して反転する手間が必要ありませんし、原稿に修正時にも余計な手戻りが発生しません。
ゴム印の細い文字や線を加工すると、その部分が弱くなります。何か対策はありますか?
細かい文字や細い線の弱い部分の加工には、斜めに削る「ショルダー加工」を利用します。ゴムは軟質ですので、細い部分は腰がありません。スタンプモードのショルダー設定で自動的に傾斜面を付加して腰部を補強いたします。
エピログZing16-30Wでレーザー加工しやすいゴム印の商材はありますか?
弊社にてレーザー加工用のゴム印素材をご用意しております。
ゴム印彫刻での適切なレーザー出力は、どのような値に設定すればいいですか?
彫刻加工の際には、レーザーの「加工速度」と「出力」を設定する必要があります。基本的な出力条件は、プリンタドライバのデータベースに用意してありますので、先ずはそちらをご試用下さい。その仕上がり具合から、レーザーの加工速度と出力を微調整していきます。
ゴム印用の印台木にも彫刻ができますか?
はい可能です。
通常の彫刻加工で加工可能です。

よくある質問一覧に戻る

Zing16-30W安心スタート10点セットに戻る

その他のよくある質問

ページトップ