卓上レーザー加工機Zing16-30W
よくある質問一覧

トップ > 卓上レーザー加工機Zing16-30W > よくある質問一覧

製品に関する質問

初めてレーザー加工機の導入を検討しています。エピログZing16-30Wは、レーザー加工機初心者にも扱えますか?
はい、Windowsパソコンを操作できる方であれば、お使いになれます。
エピログ社のレーザー加工機はWindowsのドライバで動作しますので、プリンタを使う感覚でご使用いただけます。また、日本語の「かんたん操作マニュアル」も添付し、操作説明のサポートもさせていただきますので、レーザー加工機を初めて導入される方でもご安心ください。
エピログZing16-30Wのワット数(消費電力)はどれぐらいですか?
最大約940W程度です。
エピログ社のレーザー加工機は、エネルギー効率に優れており、家庭用コンセントでの稼働が可能です。
エピログZing16-30Wのランニングコスト(電気代等)はどれぐらいかかりますか?
お客様のご契約会社と契約状況により異なりますが、エピログ社の製品はエネルギー効率に優れており、同等出力の他社製品と比べて電気代は最廉価となります。
また、レーザー発振器はガスの外充填が可能ですので、レーザー発振器本体を交換してしまうものと比べると、ランニングコストは安価になります。

製品に関する質問をもっと見る

導入設置に関する質問

エピログZing16-30Wとパソコンはどのように接続するのでしょうか?
LANケーブル若しくはUSBケーブルで接続します。LANケーブルで接続した場合は、ネットワークプリンタとして認識されますので、エピログZing16-30Wのドライバをインストールしたパソコンであれば、どこからでも直接出力が可能です。既存のLAN環境への参加や、新規ネットワークの構築も対応可能ですのでお気軽にご相談ください。
エピログZing16-30Wとパソコンの接続やドライバのインストールは簡単ですか?
はい、簡単です。
一般的なプリンタドライバのインストールに準じています。添付のセットアップマニュアルの説明に沿って作業を進めて頂ければどなたでも実施可能です。
もしもご不明点が発生した時やご不安な時は、弊社エンジニアを派遣するオンラインサポートにて対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。初めてご導入頂く際のセットアッププランではオンサイトでインストールをさせて頂きます。
エピログZing16-30Wに対応したOSは何ですか?
エピログZing16-30Wのドライバは、Windows 7/8/10(32/64ビット)に対応しています。

導入設置に関する質問をもっと見る

彫刻に関する質問

エピログZing16-30Wは、マグカップや水筒など、円筒状のものに彫刻はできますか?
エピログZing24等の上位機種では、円筒状のものに彫刻が可能です。
その場合は、回転加工用オプション「ロータリーアタッチメント」をご利用ください。
エピログZing16-30Wで曲面の加工はできますか?
エピログZing16-30Wのレーザービームには焦点距離がありますので、焦点距離が一定となる平らな面が理想的な加工対象場所となります。しかしながら、数ミリ程度の高低差であれば加工可能です。
エピログZing16-30Wでは、厚さ何ミリまでの板の彫刻が可能でしょうか?
エピログZing16-30Wは、材料をセットする加工テーブルを昇降させることが出来ますので、厚さ最大114mmまでの材料の彫刻が可能です。

彫刻に関する質問をもっと見る

切断に関する質問

エピログZing16-30Wで切断できる材質は?
アクリル、木材、紙、皮革等、様々な素材の切断が可能です。金属及び、有毒ガスが出る等で一部加工が禁止された素材については切断ができません。詳細は、加工できる素材をご参照ください。
レーザー加工機で切断できない素材を教えてください。
金属類を始めとして、レーザーを照射したら有毒ガスが出る材質や、引火しやすい素材は、カットできません。
エピログZing16-30Wでは、厚さ何ミリの板まで切断が可能でしょうか?
エピログZing16-30Wでは、アクリル板を基準にした場合、通常運用では3~5mm程度が最適な適用厚ですが、最大8mm程度までの切断も可能です。

切断に関する質問をもっと見る

写真彫刻に関する質問

写真彫刻とは何ですか?
写真彫刻とは、カラー写真を自動的にディザリングし網点に変換し、網点の置き方や密度で写真を表現する加工です。
エピログZing16-30Wのドライバには、数種類のディザリグモードが用意されていますので、写真彫刻を手軽に始められます。
エピログZing16-30Wで写真加工をするために、特別なソフトが必要ですか?
写真加工専用の特別なソフトは不要です。
ドロー系ソフトウェアと連動する画像処理ソフトがあれば、自由自在な編集が可能となります。
弊社推奨のドロー系ソフト「CorelDRAW」であれば、PhotoPAINTというソフトウェアが共通ライセンスでご利用可能です。写真彫刻専用の「PhotoEngrave」もご用意しております。自由度の高い写真加工をご希望の方は、弊社までご相談ください。
エピログZing16-30Wは、写真彫刻の解像度はどれぐらいですか?
100~1,000dpiで設定可能です。
美しい仕上がりの写真彫刻をお求めの場合は、仕上がりを自動的に処理してくれるソフト「Photograve」をご利用ください。

写真彫刻に関する質問をもっと見る

ゴム印加工に関する質問

エピログZing16-30Wでゴム印の製作はできますか?
可能です。
ショルダー設定、自動反転機能のある「スタンプモード」を使用することで、簡単にゴム印加工が可能です。
エピログZing16-30Wでゴム印加工をするために、特別なソフトが必要ですか?
不要です。
エピログZing16-30Wのドライバの設定の「スタンプモード」を使用すれば、ゴム印加工ができます。ショルダー設定やミラー反転など、自動的にゴム印対応の凸文字ショルダー加工が可能です。
凸文字加工とは、どのような加工でしょうか?
スタンダードの彫刻加工とは逆に、デザインされた形状や文字を残して、その周りをレーザーで焼いて削る加工方法です。主にゴム印加工等に用いられます。

ゴム印加工に関する質問をもっと見る

3D彫刻(レリーフ加工)に関する質問

3D彫刻(レリーフ加工)とは、どのような彫刻ですか?
曲面状に彫刻する加工方法です。グレースケールにした写真の濃淡が、凹凸として自動的に出力に変換されます。
エピログZing16-30Wで3D彫刻はできますか?
はい可能です。
エピログZing16-30Wのドライバの設定で、3Dレリーフモードを使用すれば、簡単に3D彫刻が可能です。元データとして、グレースケールの画像をご用意下さい。暗いところは深く、明るいところは浅く加工されます。
エピログZing16-30Wで3D彫刻をするために、特別なソフトが必要ですか?
特別なソフトは不要ですが、グレースケールのデータを作製するため、CorelDRAWやIllustrator等のドロー系ソフトウェアのご利用を推奨しています。

3D彫刻に関する質問をもっと見る

ご契約に関する質問

お問い合わせをしたときのヒアリングでは、どのようなことを聞かれるのですか?
エピログZing16-30Wの用途(加工材料や内容)、ご使用経験、ご検討の時期、お客様の設置環境(排気関連)などをお聞きしております。また、お客様ご自身で機種選定される際の選定基準のご説明やご不明点の解消にも対応致します。最適なレーザーシステムをご提案させて頂くための貴重な情報となりますのでご協力をお願いします。
購入前にエピログZing16-30Wのレーザー加工デモを見せてもらいたいのですが、可能でしょうか?
はい可能です。
弊社東京オフィス及び広島オフィスでは随時展示しておりますのでお気軽にお声がけ下さい。但し、展示会等に出展中で実機が無い場合も御座いますので、事前のご予約をお願いします。
業務用としてエピログZing16-30Wを導入しビジネスを始めたいのですが、加工に関するアドバイスをしてもらえますか?
はい可能です。
弊社では、素材選びのご相談や加工方法等、レーザー加工機を用いたビジネス展開のためのノウハウをご提供しております。

ご契約に関する質問をもっと見る

メンテナンスに関する質問

エピログZing16-30Wの保証期間は何年ですか?
製品の保証期間は、本体1年間、発振管2年間です。
アフターサポートはどのような内容ですか?
運用サポート、障害サポート、メーカー製品保証の運用など各種サポートがあり、オンライン、オンサイトでご提供しています。別途、各種サポートサービスのご案内書をご用意しておりますので、お問い合わせください。
無償の保守サポートにはどのようなものがありますか?
電話、FAX、メール、遠隔操作を利用したオンラインによるサポートは原則無償でご提供しています。オンラインサポートには、主に使用方法を対象とした「運用サポート」と、障害復旧を目的とした「障害サポート」があります。別途、各種サポートサービスのご案内書をご用意しておりますので、お問い合わせください。

メンテナンスに関する質問をもっと見る

Zing16-30W安心スタート10点セットに戻る

ページトップ